離婚 弁護士|監護権について知っておこう

離婚 弁護士|監護権について知っておこう

親権、親権とよく人はいいますが、監護権という言葉をお聞きしたことはあるでしょうか?
離婚経験者の方ならご存知の方も多いと思いますが、ここでは親権とは区別される監護権という言葉についても、ぜひ知っておいていただればと思います。
(以下、適宜補充していきます)

離婚 弁護士|監護権って何だ?

親権の定義
親権の内容 ①身上監護権、②財産管理権
ここで親権者と区別されるべき、監護権の内容は次のとおりとなります。

離婚 弁護士|誰が監護権者になるのか?

そもそも監護権という言葉が持ち出される場面とは、どのような場面なのでしょうか?
通常、離婚する場合であっても、この監護権という言葉がでてくることはありません。
(単独)親権を取得する者(=親権者) = 監護権者でもあるからです。
親権とは、そもそもが監護権を含む概念ですので、当然といえば当然です。
では、なぜ、監護権という言葉を持ちだして、つまり、親権者とは別の、監護権者というものを指定しなければならないような議論がでてくるのでしょうか。
それは、離婚が成立する前に別居状態にはいったとき、つまり、親権者でありながら、子の監護ができない状態にはいってしまう事態が生じうる、この場合、子の監護ができない状態にはいってしまった親権者のほうが、現実に子と同居しているほうの親権者に対して、我こそを監護権者に指定せよと、裁判所に申出をしたいということになります。このような場面において、この「監護権」という言葉がでてきます。
あともうひとつ。離婚が成立し、親権者も一方に決めるのですが、その際、あえて、子と同居する親が親権を取得せず(通常、子と同居する親が親権者と指定される)、子と同居しないほうの親(通常、親権者とならない。)にあえて親権を取得させることで、重要な事項に関する子を代理する権利を別居するほうの親に留保させてつつ、子と同居していく親のほうは、いわゆる親権は取得できないものの、「監護権」は自分にあるということで、子との同居生活を実現させる、というそんな状態を実現しようとするときに、この「監護権」という言葉がでてきます。離婚後の親権者と監護権者を別々に定めるというのは、基本的にはイレギュラーな処理ですので、実際に「監護権」者の指定(監護権者をどちらの親にするか)の議論、問題が生じてくるのは、離婚成立前かつ別居状態にあるときの、子の奪い合いが生じている場面においてというのが大多数ということになります。

離婚 弁護士|監護権はどうやって行使する?

親権の行使で説明したのと、同様です。→別投稿へリンク

離婚 弁護士|離婚と監護権

離婚 弁護士|離婚調停・審判・訴訟と監護権

離婚 弁護士|親権と監護権の分離

離婚 弁護士|父母以外の第三者が監護権者になるには?

離婚 弁護士|監護権者の変更

離婚 弁護士|監護権者の適格性の判断基準、判断要素

離婚 弁護士|監護権者の適格性の判断基準


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
青島 克行

青島 克行弁護士・保育士・宅地建物取引主任者

投稿者プロフィール

こんにちは。

私は、離婚について悩んだり、家族ってなんだろう、夫婦ってなんだろう、親子ってなんだろうなんて考えてしまう思慮深いあなたとつながりたくて、このサイトを運営しています。

このサイト内の投稿などに対するコメントやメッセージは大歓迎ですので、気楽にやりとりさせていただければうれしいです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

弁護士紹介

自分の写真
青島克行(→プロフィール

私宛のご質問と回答はask.fmで公開しています。
静岡県静岡市出身
昭和50年9月17日生
 弁護士(東京弁護士会、登録番号31776)
 保育士(東京都)
 宅地建物取引主任者(東京都)

うみとそら法律事務所
〒160-0022
東京都新宿区新宿1-15-12 柳生ビル601
TEL 03-5357-7756
FAX 03-5357-7759
info@umitosola.jp

夫婦について考える。

  1. 離婚 弁護士|青島弁護士のつぶやき 夫婦について、日々、私が思いついた言葉を書き記していきます(順…
  2. 離婚について今一度考えてみる あなたはなぜ離婚するのでしょうか。 そもそもなぜ結婚したのでし…
  3. もし私が同性愛者であるとして、その恋人とわざわざ法律上の「婚姻」をしたいだろうかと想像すると、したい…

コラム

  1. 婚活パーティー考

    婚活パーティーや合コンなどで数時間会話したぐらいで、相手の本当の魅力を理解したり、自分の魅力を理解し…
  2. 西川史子さんの離婚に思う

    実はこのサイトとは別に、 ライブドアブログもやっておりまして、 形成外科医の西川史子さん…
ページ上部へ戻る