お問合せの際には、アドレスの記入間違いにご注意ください。

ご相談方法

 メール相談の方法

本棚と私(離婚メール相談)

(1)問合せフォームから

まずは問合せフォームからご連絡ください。
今心配なこと、不安なこと、確認したいこと、聞いてもらいたいこと、なんでもかまいませんのでお知らせください。

(2)来所相談

ご希望であれば、メール相談の次は、来所相談にすすみましょう。
事前のメールのやりとりを通じて、弁護士はあなたのご事情をすでに把握しておりますので、充実した相談時間をお約束します。
メール相談を経ずに、来所相談からのご利用も、もちろん可能です。

(3)方針の確定

弁護士に依頼されるかどうかはあなたの自由です。離婚の種類はこちら
弁護士の助力が必要だとご判断いただければ、ご依頼いただくことになります。

(4)まずはメール相談から

メール相談は無料です。
あなたからのご相談、ご質問のメール(問合せフォームはこちら
をお待ちしております。

 メール相談から始めるメリット

(1)緊張しない。

どんな弁護士かもわからないし、
うまく話せるかも心配ですよね。
メールでの相談であれば、緊張することもありません。

(2)正確にやりとりができる。

家族構成や資産状況、
話し合いの経過などについては、
会話よりもメール相談のほうが、
ずっと正確にやりとりができます。

(3)来所相談の準備になる。

事前のメール相談で、あなたの事情を十分お聞きすることになります。
来所相談にすすまれる場合、前提事実をお聞きする必要が
ありませんので、相談時間が短くてすみますし、
相談料の節約にもつながります。
【相談室の様子】
相談室

(4)自分を振り返ることができる。

弁護士とのメールのやりとりは、
ある意味文通のような面もあって、
後でメールを読み返していただくことで、
今までの自分を振り返ることができますし、
ご自分を見直す資料にもなります。

(5)メール相談は無料です。

メール相談は無料です(1回の返信)。

 当事務所のお約束

(1)メールは平均2時間以内には回答いたします。

弁護士となかなか連絡がとれないといった事務所も珍しくありませんが、
メールであればほぼ確実に、電話であっても確認できしだい折り返しのご連絡をさせていただきます。
不安で押しつぶされそうなあなたのために、スピーディーな対応を心がけます。

(2)早朝・夜間・休日でも回答いたします。

忙しい方のために、あらゆる時間帯に柔軟に対応いたします。

(3)所長弁護士が直接返信します。

キャリア14年目の経験ある弁護士が、
すべて責任をもってあなたのメールに返信します。

(4)一期一会のメール相談

メール相談のみの方もいらっしゃると思います。この場合、私のメール上の言葉だけがお客様と私をつなぐ唯一の接点ということになります。
私の言葉によって、相談者の方の気持ちや方針に影響がでることもあるはずです。
つまり、私の言葉には重い重い責任が発生するということです。
このメール相談は、無料ではありますが、一期一会の精神で、全力で回答、返信させていただくことを約束します。

まずはあなたからのメール相談を心からお待ちしております。

メール相談の次は来所相談におすすみください(メール相談を省略して、最初から来所相談ということでももちろんかまいません。)。

 来所相談の方法

本棚と私(来所相談歓迎)

(1)日程の予約

電話か問合せフォームからご連絡ください。
ご希望日時を複数お知らせください。すぐに日程調整をいたします。
今心配なこと、不安なこと、確認したいこと、聞いてもらいたいこと、なんでもかまいませんので、併せてお知らせください。
当日のご相談にも対応いたします。

(2)来所相談の実施

来所日までの間に、こちらから質問事項を記載したメールをお送りします。
弁護士は、事前のメールのやりとりを通じて、あなたのご事情を広く、深く把握することに努めます。充実した相談時間をお過ごしください。

(3)方針の確定

弁護士に依頼されるかどうかはあなたの自由です。離婚の種類はこちら
弁護士の助力が必要だとご判断いただければ、ご依頼いただくことになります。

(4)存分にお話ください

質問内容、質問の個数に制限はありません。
来所相談をしたからといって、弁護士に依頼しなければならないということはありません。

せっかくの機会ですので、聞きたいことは全部聞いていただき、話したいことはすべて話していただければと願っております。
あなたにお会いできますことを楽しみにしております。(問合せフォームはこちら

 来所相談のメリット

(1)自分が解放できる。

ひとりで抱え込んできた悩みを一旦吐き出すことができます。
それだけでも気持が楽になるものです。

(2)共感者が得られる。

究極の私的事項である夫婦の問題については、
身内や親しい友人にも相談しづらいものです。
目の前に自分の置かれた状況を理解してくれる人を得ることで、
あなたはひとりではないことを実感してください。

(3)わかりやすい。

本やネットで調べてよくわからなかったことも、
専門家である弁護士から、わかりやすく説明してもらえます。

(4)伝えやすい。

メール(文章)では表現しづらいことも、
直接会話をすることですぐに伝えることができます。

(5)気持が整理される。

ひとしきり思いの丈を弁護士に打ち明けていただくことで、
鬱屈した気持を一旦リセットすることができます。
クリアになった感情と思考で、また明日からの一歩を始めましょう。

 当事務所のお約束

(1)早朝・夜間・休日の相談が可能です。(事前予約)

忙しい方のために、あらゆる時間帯に柔軟に対応いたします。

(2)所長弁護士の直接専任制

キャリア14年目の経験ある弁護士が、
最初のご相談から事件が解決するまで責任をもって対応させていただきます。

(3)乳幼児、小さなお子様ご同席の相談が可能です。

子どもの健やかな成長をなによりも大切にしております。
離婚の手続や離婚後の生活が、子供にとって少しでも負担にならないように、
少しでもよい影響を与えられるようにあなたの悩みを共有します。
所長弁護士が保育士資格を保有しております。

(4)落ち着いた相談環境を提供いたします。

相談室
インテリアコーディネーターの意見を取り入れた内装で、
安心した気持で相談に臨んでいただけます。

(5)お金の問題も一緒に考えます。

所長弁護士がファイナンシャルプランナー技能士2級の資格を有しております。

(6)ご依頼案件の終了後もフォローします。

私は一期一会というよりも一生のお付き合いを考えております。
離婚をしてもしなくても人生は続きます。
あなたの生涯かけてのサポーターとして、何かのときに手を差し伸べる存在でありたいと考えております。

あなたにお会いすることを楽しみにしております。(相談のご予約はこちら)