お問合せの際には、アドレスの記入間違いにご注意ください。

新宿 離婚弁護士|離婚後の人生

離婚に悩みながら、何を思いますか。

今の苦しみのこと。過去の決断のこと。将来への不安。
考えても、考えても、グルグル、グルグル、考えがまとまらないかもしれないですね。

しかし、どこかで決断は下さなければなりません。

離婚をしないのであれば、少しでも日々の生活が楽しくなるように。
少しでも負担を感じなくなるように。
そんな展望を感じて初めて、
このまま頑張っていこうという気持ちになれる。
どうしたら、そんな展望をもてるのか。
突き詰めて、考えていくのです。

離婚をするのであれば、もちろん、今よりも幸せになるために。
離婚したほうが、少なくとも今よりは、楽になれる。
ある面では大変になるかもしれないけれど、
トータルでみれば、楽になれる。
今のままでいったら、
負担が大きくなることはあっても、
軽くなることはないだろう。
いつか自分が壊れてしまう。
そんな気持ちが、確信に近づけば近づくほど、
離婚の決断に近づいていきます。

つまり、この先の人生について、具体的に考えていくことで、
私達は、このままでいくのか、
やはり離婚を決断するべきなのか、
ようやく決断がついていくものなのです。

そのとき考えるのは、
子どものこと。
今よりも、どういう形であれば、
子どもにとってより望ましい生育環境といえるのか。
別れた配偶者のこと。
離婚をした後に、どういう形で付き合っていくのか(子どもがいる場合)。
別れた配偶者と子どものこと。
離婚をした後に、どういう形で交流を続けていくのか。
お金のこと。
離婚をした後に、どういう形で、収入を得ていくのか。
仕事のこと。
離婚をした後に、再就職をするのか、どんな仕事をしなければならないのか。
苦難のこと。
離婚をした後に、どんな苦難が待ち受けているのか。
それに対して、どういう気持で向き合っていくのか。

ひとつ、ひとつ、具体的に考えていくのです。
脳みそが壊れる~、などといって、考えるのを止めてはいけません。
人生最高に悩んだ、考え抜いたといえるほどに、
考え抜いて、決断を下すのです。

すべては幸せのために。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です