慰謝料を請求したいときに考えること

あなたの配偶者が、あなた以外の異性と関係(性的交渉)をもった場合、その異性が、あなたの配偶者が既婚であることを分かったうえでその行為に及んだのであれば、あなたは、その第三者に対して、受けた精神的苦痛を慰謝するための損害賠償請求(慰謝料請求)をすることができます。
さらにあなたは、あなたの配偶者に対しても、慰謝料請求をすることができます。

その場合の対処法
(1)我慢して、何もしない。
(2)配偶者と離婚することとして、配偶者とその相手の双方に対して慰謝料請求をする。
(3)配偶者と離婚するかどうかは保留にして、とりあえずその相手に対してのみ慰謝料請求をする。
のどれかということになろうかと思われます。

究極的にはあなたがどうしたいかなのですが、その決断は本当に難しいもので、結論を出すまでに辛い思いをしますし、実際に、何らかの請求をしたとしても最終的な決着をみるまではやはり辛い思いが続きます。
さらにいうならば、表面上は決着がついても(慰謝料を受け取っても)、それで心の傷が癒えるかといえば、必ずしもそうなるとは限らないのです。
だからこそ、どうしたらいいのか、本当に悩ましい問題なのですね。

自分の心の声を聞き続けるしかないのですが、どのように整理して、決断をしていくべきかについては、ぜひ弁護士に相談してみてください。
たった一度でもいいのです(弊所でなくてもかまいません)。
たった一度でいいから、弁護士と相談してみることで、今後の道筋がはっきりしてくることが多いものです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
青島 克行

青島 克行弁護士・保育士・宅地建物取引主任者

投稿者プロフィール

こんにちは。

私は、離婚について悩んだり、家族ってなんだろう、夫婦ってなんだろう、親子ってなんだろうなんて考えてしまう思慮深いあなたとつながりたくて、このサイトを運営しています。

このサイト内の投稿などに対するコメントやメッセージは大歓迎ですので、気楽にやりとりさせていただければうれしいです。

この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

弁護士紹介

自分の写真
青島克行(→プロフィール

私宛のご質問と回答はask.fmで公開しています。
静岡県静岡市出身
昭和50年9月17日生
 弁護士(東京弁護士会、登録番号31776)
 保育士(東京都)
 宅地建物取引主任者(東京都)

うみとそら法律事務所
〒160-0022
東京都新宿区新宿1-15-12 柳生ビル601
TEL 03-5357-7756
FAX 03-5357-7759
info@umitosola.jp

夫婦について考える。

  1. 離婚 弁護士|青島弁護士のつぶやき 夫婦について、日々、私が思いついた言葉を書き記していきます(順…
  2. 離婚について今一度考えてみる あなたはなぜ離婚するのでしょうか。 そもそもなぜ結婚したのでし…
  3. もし私が同性愛者であるとして、その恋人とわざわざ法律上の「婚姻」をしたいだろうかと想像すると、したい…

コラム

  1. 婚活パーティー考

    婚活パーティーや合コンなどで数時間会話したぐらいで、相手の本当の魅力を理解したり、自分の魅力を理解し…
  2. 西川史子さんの離婚に思う

    実はこのサイトとは別に、 ライブドアブログもやっておりまして、 形成外科医の西川史子さん…
ページ上部へ戻る