お問合せの際には、アドレスの記入間違いにご注意ください。

貞操義務とは?

夫婦は互いに貞操義務を負う、とされています。
では貞操義務とは何でしょうか。

新法律学辞典第三版(有斐閣)によりますと、
貞操義務とは
《夫婦が相互に負うところの、性的純血を保つ義務。
婚姻の最も中心的な効果であり、その違反は不貞な行為として
離婚原因となる(民法7770条1項1号)》
と定義されています。

要は、
夫は妻以外の女性と、
妻は夫以外の男性と、
肉体関係をもってはいけませんよ、
ということです。

あなたは守れていますか?(笑)

もちろん心も体も解放して生きていれば、
そのような行為をしてしまうこともあるかもしれません。
男も。女も。
それは各人の自由ですが、
その場合、配偶者に対する貞操義務違反をしたことになりますので、
もし、あなたの配偶者が、あなたに対して、あなたの貞操義務違反を理由に慰藉料の請求をしてきたらどうしますか?
あなたは慰藉料の支払をしなくてはなりません。
さらに、あなたの配偶者が離婚を求めてきた場合はどうしますか?
あなたは離婚せざるを得なくなるかもしれません。

そういうわけなのです。

では離婚を望むのであれば、あえて貞操義務違反(浮気、本気問わず)を犯すということは「あり」なのでしょうか。
私はおすすめしません。
あなたもその交際相手(不貞相手)も、あなたの配偶者からの慰藉料請求に応じなければならなくなるからです。
しかも、あなたが離婚したくてあえて貞操義務違反をしたところで、
あなたの配偶者が離婚に応じてくれるとも限りません。
その意味でも、離婚の手段としてあえて貞操義務違反に及ぶのやめたほうがよいでしょう。

ではどうするか?
あなたの悩みは深いです。
私も簡単に結論はだせません。
一度ご相談にいらしてみてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です