2018/9/8 19:57にメールをくださった方へ。返信ができませんでした。別アドレスをお知らせください。※お問合せの際には、アドレスの記入間違いにご注意ください。

別れ時について考える。

私達は、どのレベルにまで踏み込んだときに、目の前のパートナーとの離婚を決断するべき時にきたといえるのか。

同居生活が耐えられなくなったとき。

私はそう考えています。

では同居生活が耐えられなくなったときとは、どのようなときをいうのでしょうか。

顔を見るのもいやだ。
目を合わせたくない。
怖い。
その人を前にすると言葉がでなくなる。
気配を感じるのも辛い。
いない時の開放感が尋常ではない。
外にいるときのほうが楽。
あの人のいる家に帰宅したくない。
外にいるのに苦しさがとまらない。
死ぬまで同居することを思うと、絶望しか感じない。

(まだ途中です。つづきはまた改めて書きます)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です